北朝鮮が休戦協定違反 国連軍、境界線越える映像公開

 在韓国連軍司令部が公開した、亡命した北朝鮮軍人が車両を降り逃げる様子の映像(共同)

 【ソウル共同】南北軍事境界線がある板門店で13日に発生した北朝鮮の男性軍人の韓国亡命を巡り、米国主導の在韓国連軍司令部は22日、追っ手の北朝鮮側兵士が境界線を越える映像を公開し、朝鮮戦争休戦協定違反があったとする調査結果を発表した。

 北朝鮮側が韓国側に向け、境界線を越えて銃撃したことも休戦協定違反とした。国連軍司令部は同日、板門店の連絡チャンネルを通じて、北朝鮮軍に違反事項について通報した上で、今後の対策を議論するために面談を要請したと明らかにした。

 また、男性軍人の治療に当たっている医師が22日記者会見し、軍人の意識が回復したことを明らかにした。

共同通信社 2017年11月22日 無断転載禁止