北朝鮮から木造船漂着、秋田 男性8人保護、漁で故障と説明

 「本荘マリーナ」付近に漂着し、防波堤前で係留されている外国のものとみられる木造船=24日午前8時ごろ、秋田県由利本荘市 木造船が漂着した海岸付近で規制する警察車両=24日午前7時20分ごろ、秋田県由利本荘市

 23日午後11時半ごろ、秋田県由利本荘市の海岸付近に不審者がいると近くの住民から110番があった。県警由利本荘署員が駆け付け、船舶係留施設「本荘マリーナ」で、外国のものとみられる船が漂着しているのを発見。木造船で男性8人が乗っており「北朝鮮から来た」と説明、朝鮮語らしい言葉を話している。

 小此木八郎国家公安委員長は24日の閣議後の記者会見で、漂着した8人が北朝鮮から来たことを認めた上で、漁をしていて船が故障し漂着した、と説明していると明らかにした。県警も「亡命や脱北者の可能性は低い」との見方を明らかにした。捜査関係者によると、早期帰国を望んでいるという。

共同通信社 2017年11月24日 無断転載禁止