将棋の羽生、初の永世7冠に王手 竜王戦で3勝目

 羽生善治棋聖

 将棋の第30期竜王戦7番勝負の第4局は23、24の両日、新潟県三条市で指され、挑戦者で後手の羽生善治棋聖(47)が104手で渡辺明竜王(33)を破り、3勝1敗でタイトル奪取にあと1勝に迫った。羽生棋聖は史上初となる「永世7冠」の達成に王手をかけた。

 羽生棋聖はこれまで、最多の六つ(名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)の永世称号の資格を獲得。竜王を奪取すれば通算7期目となり、永世竜王の資格を得て、永世称号の制度のある7タイトル全てを手にする。

 永世称号は各タイトル戦によって違うが、規定のタイトル数を獲得した棋士に与えられる。

共同通信社 2017年11月24日 無断転載禁止