新潟映画に仏ナント映画祭で喝采 姉妹都市で特別上映会

 24日、フランス西部ナントの3大陸映画祭であいさつする竹下昌男監督(共同)

 【ナント共同】フランス西部ナントで開催中のナント3大陸映画祭で24日、新潟―東京を結ぶ長距離バス運転手の中年男性を主人公に、雪景色など新潟の豊かな自然の中で撮影された映画「ミッドナイト・バス」の特別上映会が行われ、観客が喝采を送った。

 新潟、ナント両市は姉妹都市。映画祭はアジア、アフリカ、中南米の映画を紹介する国際色の強い催しとして1979年から開催されている。

 原田泰造さんや山本未来さんらが情感あふれる演技で家族の絆、すれ違いを浮き彫りにし、上映後は賛辞が寄せられた。

 竹下昌男監督は「観客との親密さが感じられた上映会で、手応えがあった」と話した。

共同通信社 2017年11月25日 無断転載禁止