猿之助さん、笑顔で千秋楽に登場 骨折は「良くしかならない」

 「スーパー歌舞伎2 ワンピース」の千秋楽でカーテンコールに登場した市川猿之助さん(右)とルフィ役の代演を務めた尾上右近さん=25日、東京・新橋演舞場(松竹提供)

 東京・新橋演舞場で、人気公演「スーパー歌舞伎2 ワンピース」が25日、千秋楽を迎えた。同公演の事故で左腕を骨折し休演していた歌舞伎俳優市川猿之助さん(41)がカーテンコールに笑顔で登場した。

 満員の客席は総立ちで拍手。猿之助さんは感謝の言葉を述べ「本来なら命を失うような事故だったが、優秀なスタッフら周りのサポートのおかげで腕だけで済んだ。何と、このけがは良くしかならないそうです!」と元気に語った。

 事故は10月9日の公演中に発生。10日からは猿之助さんのルフィ役を尾上右近さん(25)が代演。だが客足は衰えず、松竹によると全78公演で10万人超を動員した。

共同通信社 2017年11月25日 無断転載禁止