首相、森友と加計「真摯に説明」 与野党攻防が本格化

 衆院予算委で答弁する安倍首相=27日午前

 衆院予算委員会は27日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行った。首相は森友、加計学園問題に対する世論の批判を踏まえ「謙虚に受け止め、真摯な説明を丁寧に行うことで国民の理解を得ていきたい」と述べた。国会審議などで誠実に対応する姿勢を強調することで、批判を緩和したい考えとみられる。国会は衆参両院の代表質問に続き、与野党の論戦が本格化した。

 自民党の田村憲久氏は、森友、加計問題で、国民理解が進んでおらず説明が不足していると指摘。財政再建への取り組みも尋ねた。

 首相は財政再建に関し、基礎的財政収支を黒字化する目標時期を改めて設定する考えを強調した。

共同通信社 2017年11月27日 無断転載禁止