横審、日馬富士暴行問題を議論へ 今夕に定例会合、処分も討議か

 横綱日馬富士関

 大相撲の横綱日馬富士関による暴行問題に揺れる日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は27日夕、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開く。協会の危機管理委員会の調査内容などを聞いた上で議論する予定で、処分問題について話し合う可能性もある。

 ただ危機管理委は暴行を受けて負傷した平幕貴ノ岩関を聴取できておらず、中間報告にとどまる見通し。横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は処分などについて「協会の厳しい処置を求めることになる」としている。

共同通信社 2017年11月27日 無断転載禁止