抹茶作用で一層りりしく 伊藤園PRで三浦春馬

 イベントに登場した三浦春馬=27日、東京都内

 俳優の三浦春馬が、東京都内で行われた飲料メーカー伊藤園の商品PRイベントに登場。「気持ちをりんと引き締めてくれる」という“抹茶パワー”の作用か、俳優としての思いを熱く語った。

 三浦は12月から放送の、「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」の新CMに出演する。イベントでは、茶つぼで熟成させた春摘みの新茶を開封し、立冬ごろに味わう「口切りの茶事」を体験した。

 会場はいつもの芸能イベントとは違い、厳かな雰囲気。三浦は自身で茶つぼの封を切り、石臼でひいたばかりの新鮮な抹茶で茶道をたしなんだ後、氷水出しの抹茶入り緑茶をじっくりと味わい、「特別な気持ちになります」とすっきりとした表情。

 今年心に残っていることを問われると、長年サポートを受けるマネジャーの故郷へ2人で旅したことを挙げ、「今後の仕事やプライベートなどについて、正面から話ができ、勉強になった」

 さらに、27歳となり、ドラマなどで年下の俳優と仕事をする機会もあるといい、「時には現場を引っ張っていく立ち位置にもなった。成長していかなくてはいけない」と、もともとりりしい顔を一層引き締めて語った。

共同通信社 2017年11月27日 無断転載禁止