全国八百万の神々お迎え、島根 出雲大社

 稲佐の浜で営まれた八百万神を迎える恒例の「神迎神事」=27日夜、島根県出雲市

 年に1度、全国から出雲大社(島根県出雲市)に集まるとされる八百万神を迎える恒例の「神迎神事」が旧暦10月10日の27日夜、同市の稲佐の浜で営まれた。

 稲佐の浜では、出雲大社に祭られる大国主命が天照大神の使者と国譲りの話し合いをしたといわれる。浜辺にしめ縄で囲った斎場を設け、神々が宿るとされるサカキを奉じた。太鼓や笛の音が鳴り響き、かがり火に照らされる中、白装束の神職が祭壇に向かって祝詞をあげた。

 神事が終わるとサカキは白い布で囲われ、出雲大社まで約2キロの「神迎の道」を観光客らと進んだ。

 旧暦10月は、出雲地方では「神無月」ではなく「神在月」と呼ばれる。

共同通信社 2017年11月27日 無断転載禁止