しょう油が「あご風味」に 海産物松村がユニーク商品発売

 ノリの加工販売などを手掛ける(株)海産物松村(出雲市東福町、松村一正社長)が、出雲市沖の日本海で取れるトビウオ(あご)の煮干しを空のしょう油瓶に詰めたあごだし用商品を発売した。家庭のしょう油を瓶に注ぐだけで、あご風味の〝こだわりしょう油〟ができるユニークな趣向で商品化した。ブームと言われるあごだしをシリーズ化し、「十六島海苔入り佃煮」に並ぶ主力商品に育てたい考えだ。(11月28日付)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年11月28日 無断転載禁止