起業という選択 自分流貫く 「変わる働き方」

 本当にやりたい仕事、自分らしい働き方を追い求めたい─。そう考えれば、選択肢の一つになるのが起業だ。インターネットの普及などでハードルが下がったことに加え、行政や金融機関も積極的に支援し、山陰両県でもさまざまな分野で老若男女の起業家が誕生している。自分流を貫く挑戦者たちの姿はまぶしい。一方で、当然ながらリスクも伴う。シリーズ企画「変わる働き方」の第8回は、起業という選択をした人たちにスポットを当てる。(11月28日付)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年11月28日 無断転載禁止