法王、ミャンマーに人権尊重促す ロヒンギャ問題で演説

 28日、ミャンマーの首都ネピドーで、外交団を前に演説するローマ法王フランシスコ(ロイター=共同)

 【ネピドー共同】ミャンマー訪問中のローマ法王フランシスコは28日、首都ネピドーで外交団を前に演説し、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの問題を念頭に「平和構築と国民和解への困難な道は、正義を貫き人権を尊重しなければ進むことはできない」と述べた。

 ただ法王は、ミャンマー政府が認めていない「ロヒンギャ」という表現は使わなかった。仏教徒が多数を占める国民感情に配慮したとみられる。法王は「宗教の違いは分裂や不信の原因ではなく、団結や寛容、賢明な国の建設の力にしなければならない」とも語り、宗教間の融和の大切さを訴えた。

共同通信社 2017年11月28日 無断転載禁止