輝(き)らりキッズ 松江のミュージカル教室4人組

発表会で歌と踊りを披露する(左から)多久和沙良さん、鷦鷯一紗さん、松浦愛莉さん、吉原れいさん=松江市末次(すえつぐ)町、城西(じょうさい)ふれあいホール
歌や踊り伸び伸び

10月のコンサート 堂々と発表

吉原(よしはら)れいさん 島根大付属小4年

多久和沙良(たくわ さら)さん 城北小4年

鷦鷯一紗(ささき かずさ)さん 法吉小2年

松浦愛莉(まつうら あいり)さん 八雲小3年


多久和沙良さん
 「世界中どこだって 笑いあり涙(なみだ)あり みんなそれぞれ助け合う 小さな世界」。室内に伸(の)びやかで明るい歌声が広がります。松江(まつえ)市内に歌うことが大好きな4人組がいます。4人は松江市内のミュージカル教室で切磋琢磨(せっさたくま)しながら楽しく歌と踊(おど)りを学んでいます。

 メンバーは吉原(よしはら)れいさん(10)=島根大付属(ふぞく)小4年=、多久和沙良(たくわさら)さん(10)=松江市立城北(じょうほく)小4年=、松浦愛莉(まつうらあいり)さん(9)=同市立八雲(やくも)小3年=、鷦鷯一紗(ささきかずさ)さん(8)=同市立法吉(ほっき)小2年=の4人です。4人はお母さんや友だちに誘(さそ)われて、歌と踊りを学ぶ教室「モモミュージカルシアターキッズ松江」に通い始めました。

吉原れいさん
 レッスンは月に1回、子どもミュージカルの作・演出(えんしゅつ)を手掛(てが)けるモンデンモモさんのもとで学びます。準備(じゅんび)運動は柔軟体操(じゅうなんたいそう)をかねてバレエのステップから。モモさんの掛け声に合わせてバーに手を置き体を動かします。次は発声練習。床(ゆか)にあぐらを組んで座(すわ)り「あ--」と低音を響(ひび)かせます。いつしか笑顔(えがお)が真剣(しんけん)な表情(ひょうじょう)に変わり、4人はおなかの底から声を出します。

 4人は年に3、4回ステージに立ち、歌と踊りを披露(ひろう)しています。レッスンでは、歌に合わせて即興(そっきょう)でダンスの振(ふ)り付けが行われます。4人は「最初は戸惑(とまど)ったけどもう慣(な)れた」と話し、モモさんの振り付けを習得します。習いだして2年半がたち、歌や踊りのレパートリーも増(ふ)えました。

松浦愛莉さん
 10月29日、4人は松江市内で行われたコンサートに出演しました。モモさんの教室で学ぶ大人から子どもまでが歌を発表する場です。約40人の観客を前にかわいらしい衣装(いしょう)で登場した4人は「イッツアスモールワード」に加え、ソロ曲も披露。緊張(きんちょう)しながらも堂々(どうどう)と歌い、拍手(はくしゅ)がわき起こりました。

 これからの目標を吉原さんは「ブレス(息継(いきつ)ぎ)に気を付けて歌いたい」、多久和さんは「歌詞(かし)を忘(わす)れないようにしたい」、松浦さんは「高い音でも地声で歌えるようになりたい」、鷦鷯さんは「大きな声で歌いたい」と話します。モモさんは「ステージで自信をつけて、自分を表現(ひょうげん)する力を身につけてほしい」と4人の指導(しどう)に思いを込(こ)めます。

鷦鷯一紗さん
 歌うことが大好きな4人。「歌をずっと続けていきたい」と声をそろえます。

プロフィル

【好きな教科】図工(吉原さん)
       理科(多久和さん)
       音楽(松浦さん、鷦鷯さん)

【将来(しょうらい)の夢(ゆめ)】
       獣医師(じゅういし)(吉原さん)
       秘密(ひみつ)(多久和さん)
       デザイナー(松浦さん)
       お花屋さん(鷦鷯さん)

2017年11月29日 無断転載禁止

こども新聞