日馬富士引退「横綱の責任」 暴行、貴ノ岩の態度が理由

 引退記者会見で謝罪し、頭を下げる横綱日馬富士関。奥は伊勢ケ浜親方=29日午後2時8分、福岡県太宰府市

 大相撲の平幕貴ノ岩関(27)への暴行問題を起こして29日に現役を引退した横綱日馬富士関(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が同日午後、福岡県内で記者会見し「貴ノ岩関にけがをさせたことに対し、横綱としての責任を感じ、本日をもって引退させていただきます」と述べ、謝罪した。

 秋巡業中の10月25日深夜から26日未明に鳥取市内で貴ノ岩関に暴力を振るい、負傷させた。会見では「弟弟子の礼儀がなっていないときに直し、正し、教えることが先輩の義務。彼を傷つけ、世間を騒がせてしまった」と貴ノ岩関の態度が暴行の理由とした。

共同通信社 2017年11月29日 無断転載禁止