経団連、企業に不正点検を要請 榊原会長「多大な迷惑」と陳謝

 記者団の取材に応じる経団連の榊原定征会長=29日午後、財務省

 経団連の榊原定征会長は29日、記者団の取材に応じ、大手企業で検査データ改ざんなどの不祥事が相次いでいることを受けて、会員企業に自社製品の品質に不正がないかどうか点検を呼び掛ける方針を明らかにした。自らの出身企業である東レの子会社でも改ざんが発覚し「多大なご迷惑をお掛けし経団連会長、東レ相談役としておわび申し上げます」と陳謝した。

 これまで経団連会長として不祥事に懸念を示していたにもかかわらず、出身企業でもデータ改ざんがあり「自分のお膝元でこうした事態が発生したことを重く受け止めている。ざんきに堪えない」と胸の内を語った。

共同通信社 2017年11月29日 無断転載禁止