北朝鮮紙、新型ICBM写真公開 移動式発射台も

 北朝鮮の労働新聞が29日付で掲載した、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験の写真(コリアメディア提供・共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は29日付で、同日発射実験を行った新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」に関する写真を全6面中、5面にわたり50枚近く掲載した。ミサイルが片側9輪の移動式発射台に搭載され直立する様子や、煙を吐いて上昇する様子などが写っている。

 発射に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長がモニターでミサイルの飛行軌道を確認して喜ぶ姿や、関係者と共に記念撮影する写真も掲載された。

 火星15は胴体が黒っぽく、弾頭の先端は丸みを帯び白く塗られている。新たに開発したという片側9輪の移動式発射台は、迷彩塗装が施されている。

共同通信社 2017年11月30日 無断転載禁止