貴乃花親方に協力要請へ 相撲協会理事会、白鵬に苦言も

 日本相撲協会の定例理事会に臨む八角理事長(手前)と貴乃花親方(左奥)と=30日午後、東京・両国国技館 九州場所の優勝インタビュー後、観客に呼び掛け万歳三唱をする横綱白鵬関=26日、福岡市の福岡国際センター

 大相撲の元横綱日馬富士関の暴行問題に揺れる日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で定例理事会を開いた。一連の問題発覚から初の開催で、危機管理委員会の調査の経過報告を受けて対応を協議。暴行を受けた平幕貴ノ岩関について、危機管理委の聴取を拒否し続けている師匠で協会理事の貴乃花親方(元横綱)に協力を改めて要請する見通し。

 関係者によると、相撲協会は九州場所千秋楽の優勝インタビューの際、観客に万歳三唱を促すなど物議を醸した横綱白鵬関を理事会に呼ぶ予定。27日の横綱審議委員会(横審)で出た苦言を直接伝えるという。

共同通信社 2017年11月30日 無断転載禁止