インフルエンザ流行入り 平年よりやや早め

 A香港型のインフルエンザウイルス(国立感染症研究所提供)

 厚生労働省は1日、今季のインフルエンザの流行が始まったと発表した。平年よりやや早いという。1999年の調査開始以来、過去2番目の早さとなった昨年と比べると、1週遅い。

 厚労省によると、全国約5千の定点医療機関から11月20~26日の1週間に報告された患者数が、1医療機関当たり1・47人となり、流行入りの目安となる1人を超えた。

 都道府県別で1機関当たりの患者数が多かったのは沖縄県(4・88人)、長崎県(4・47人)、愛媛県(3・39人)、宮崎県(3・20人)、石川県(3・08人)の順。1週間に全国で推定約7万人が医療機関を受診した。

共同通信社 2017年12月1日 無断転載禁止