第一人者の鉄道写真展 60年代の広田尚敬さん作品

 「D51とC60の重連 1964年1月 東北本線」(広田尚敬さん撮影)

 鉄道写真の第一人者として知られる広田尚敬さん(82)の作品約60点を展示する企画展「Fの時代 広田尚敬」が来年1月5日から3月31日まで東京・品川のニコンミュージアムで開かれる。

 展示されるのは、広田さんがプロ写真家として活動を始めた1961~70年ごろの作品。全国の旧国鉄や私鉄で撮影した蒸気機関車(SL)のほか、乗務員や乗客、子どもたちなど人物写真も含まれる。撮影に使用したカメラ「ニコンF」やレンズなども展示され、広田さんが作品について解説する動画も上映される。

 広田さんのトークライブが来年1月13日、2月24日、3月17日の計3回、同ミュージアムで開かれる。申し込みは同ミュージアムのウェブサイトから。日曜・祝日は休館。入場無料。

共同通信社 2017年12月1日 無断転載禁止