習近平氏、北朝鮮で米けん制 「武力を妄信してはならない」

 「中国共産党と世界政党ハイレベル対話会」の開幕式で演説する習近平総書記=1日、北京の人民大会堂(共同) 習近平国家主席

 【北京共同】中国共産党が各国の要人を招いた「中国共産党と世界政党ハイレベル対話会」が1日、北京の人民大会堂で始まった。習近平総書記(国家主席)は開幕式で北朝鮮情勢を念頭に「武力を妄信してはならない」と演説し、軍事力行使を排除しないトランプ米政権をけん制した。

 中国は対話を通じた北朝鮮の核・ミサイル問題の解決を主張している。習氏は演説で「人類は常に戦火の脅威に直面している」と指摘。「われわれは戦争を引き起こす根源を共に取り除くべきだ」と述べ、安全保障上の問題に共同で対処すべきだとの考えを示した。

共同通信社 2017年12月1日 無断転載禁止