津和野町と島根県立大学 西周研究で連携協定

 明治初期、日本の近代化の土台を築いた島根県津和野町出身の啓蒙思想家・西周(にしあまね)(1829~97年)の研究や顕彰について、同町と島根県立大学が2日、連携協力協定を結んだ。成果を地域づくりや教育に生かすほか、新たな全集の編さんや各地の若手研究者を対象に「西周賞」を創設するなど、功績を広く伝えたい考え。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年12月3日 無断転載禁止