力士に訓示、ファンに謝罪 暴行に揺れ、冬巡業開始

 関取衆の朝稽古に先立って訓示を行う春日野広報部長(奥中央)=3日午前、長崎県大村市

 元横綱日馬富士関の暴行問題に揺れる大相撲の冬巡業が3日、長崎県大村市で始まった。今回の巡業の責任者を務める春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が力士に訓示を行ったり、土俵上で来場者に謝罪したりと、問題への対応に追われた。

 暴行を受けた平幕貴ノ岩関の師匠、貴乃花巡業部長(元横綱)は問題への対応などで不参加。代理の春日野親方が朝、力士に訓示を行い、自覚ある行動を求めた。

 会場にはほぼ満員の約4千人のファンが詰め掛けた。春日野親方は午後、協会あいさつで「心よりおわび申し上げます。防止に努め、精いっぱいの土俵をお見せします」と謝った。

共同通信社 2017年12月3日 無断転載禁止