北極海公海で漁業禁止へ 沿岸国や日本合意

 北極海を航行するロシアの原子力砕氷船「戦勝50年」=2017年8月(タス=共同)

 【モスクワ共同】米国、ロシアなど北極海沿岸国と日本、欧州連合(EU)など計10の国・機関は3日までに、地球温暖化で氷が解けて海表面が広がる北極海中央部の公海での商業漁業を禁止することで大筋合意した。国際的な管理体制が整備されるまでの措置とし、当面16年間禁止する方針。関係者は「歴史的合意」と称賛している。

 米ロ、ノルウェー、デンマーク、カナダの北極圏沿岸5カ国のほか、漁業が盛んな日本、中国、韓国、アイスランド、EUが、11月30日まで米ワシントンで開いた協議で合意した。

共同通信社 2017年12月3日 無断転載禁止