不妊手術強制で国を初提訴へ 旧優生保護法「憲法違反」

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき、知的障害を理由に不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、宮城県内の60代女性が、国に損害賠償を求めて来年1月に仙台地裁に提訴することが3日、分かった。旧法に基づく不妊手術は全国で約2万5千件確認されているが、国への提訴は初めて。

 関係者によると、女性は重い知的障害があり、10代で不妊手術を受けた。事前に医師側から手術の説明はなかったという。女性は手術後、腹部に痛みを訴えて入院。悪性ののう腫が見つかり、右卵巣を摘出した。

 女性側は「旧法は幸福追求権などを保障する憲法に違反する」と主張する見通し。

共同通信社 2017年12月3日 無断転載禁止