ガイナーレ最終戦も黒星 秋田が優勝 明治安田J3最終節

最下位に終わったシーズンを振り返り、ホームのサポーターにわびるガイナーレ鳥取の森岡隆三監督(右から2人目)=とりぎんバードスタジアム
 明治安田J3最終節(3日・とりぎんバードスタジアムほか=8試合)

 ガイナーレ鳥取はホームのとりぎんバードスタジアム(鳥取市)で3位のブラウブリッツ秋田に0-3で敗れた。最終成績は4勝9分け19敗、勝ち点21で最下位の17位。J2から降格4季目で監督に元日本代表DF森岡隆三氏を迎えたが、昨季の15位(16チーム)を下回る過去最低成績に終わった。降格の規定はなく、来季もJ3で戦う。J2昇格の資格を持たない秋田が逆転優勝した。

 今季最終戦で鳥取はシュートが相手の16本に対し2本止まり。8月20日以降、4引き分けを含め15戦勝ちなしでシーズンを終えた。

 チームは総得点31(16位タイ)、総失点63(16位)。個人最多得点はFW加藤潤也の11点だった。

 栃木が沼津と1―1で引き分けて勝ち点60で2位に入り、J2復帰を決めた。

2017年12月4日 無断転載禁止

  • 47クラブ