ロシア選手団、平昌五輪除外 潔白選手は個人参加容認

 記者会見で、平昌五輪へのロシア選手団派遣禁止を発表するIOCのバッハ会長(左)=5日、ローザンヌ(ロイター=共同) IOC本部前でロシア国旗を振る女性=5日、ローザンヌ(AP=共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は5日、スイスのローザンヌで理事会を開き、国主導でドーピングの組織的不正があったとしてロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌冬季五輪から同国選手団を除外することを決めた。一方で厳しい条件をクリアして潔白を証明した選手は「ロシアからの五輪選手」として個人資格で参加を容認した。国旗や国歌の使用は認めない。

 厳しい処分に対し、ボイコットの声も出ていたロシア側の反発が予想される。ROCは12日にも同国選手が五輪に参加するかどうかを決める見通し。

共同通信社 2017年12月6日 無断転載禁止