政府、天皇即位時10連休を検討 19年5月1日を祝日に

 新年一般参賀で訪れた人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下と皇族方=1月2日、宮殿・長和殿

 政府は、天皇陛下の退位を受けて皇太子さまが新天皇として即位する2019年5月1日を祝日か休日にする方向で検討に入った。複数の政府関係者が6日、明らかにした。祝日になれば、祝日法の規定により、その前後の4月30日、5月2日も休日となり4月27日からの10連休となる。政府、与党は国民生活への影響も考慮し、十分な周知期間を確保した上で、政府提出か議員立法で関連法案を成立させたい意向だ。

 5月1日と合わせ、現在の天皇誕生日(12月23日)を祝日の形で残す是非についても議論する見通し。退位の儀式や「即位の礼」の在り方も含めて検討を急ぐ。

共同通信社 2017年12月6日 無断転載禁止