松江で初雪観測 マフラー巻き 初雪の街へ

雪が舞う中で歩く人たち=5日午後、松江市末次本町
 山陰両県は5日、強い寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まり、山間部を中心に雪が断続的に降り、松江市で初雪を観測した。松江、鳥取両地方気象台は6日も気温が低くなるとして、積雪や路面凍結に注意するよう呼び掛けている。

 両地方気象台によると、午後6時現在の最低気温は赤名(島根県飯南町)氷点下1.9度、瑞穂(同県邑南町)同1.5度、茶屋(鳥取県日南町)同2.1度など両県計7地点で氷点下を記録。浜田や西郷(島根県隠岐の島町)など4地点で今季最低となった。積雪は6日朝までに多い所で島根の山間部10センチ、平野部1~2センチ、鳥取の山間部20センチ、平野部3センチを見込んでいる。

 松江市では午前8時15分にみぞれが降り、昨年より9日早い初雪となった。市民らが風雪を傘でしのぎ、歩く姿が見られた。

2017年12月6日 無断転載禁止