大谷が7球団との移籍交渉一巡 パドレスとは既に接触と地元紙

 日本ハムの大谷翔平選手

 【ロサンゼルス共同】ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指すプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)がロサンゼルスで行っていた7球団との交渉は一巡したと6日、サンディエゴ・ユニオン・トリビューン(電子版)が報じた。

 サンディエゴが本拠地のパドレスとの交渉は6日とされていたが、5日夜に終えていたという。5日は他にマリナーズ、レンジャーズ、カブス、4日にはジャイアンツ、ドジャース、エンゼルスと交渉した。移籍先の候補に挙がっている全球団と接触したことで、交渉は次の段階に移行する。

共同通信社 2017年12月7日 無断転載禁止