畑岡、イ・ボミらに認定証 女子プロゴルフ協会のメンバーに

 日本女子プロゴルフ協会の入会式で笑顔を見せる(左から)イ・ボミ、小林浩美会長、畑岡奈紗=7日、東京都内のホテル

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の入会式が7日、東京都内で行われ、畑岡奈紗、イ・ボミ(韓国)らが小林浩美会長から認定証を受け取った。欠席したテレサ・ルー(台湾)らを含め9人が新メンバーとなった。

 従来はプロテスト合格以外に入会の道がなかったが、今季からツアー大会に勝つと会員資格が得られるようになった。8月に通算21勝目を挙げたイ・ボミは「日本に来て7年でやっと入れてうれしい。模範となれるように、これまで以上に姿勢にも気をつけたい」と笑顔で語った。

 日本女子オープン選手権で2連覇を達成した18歳の畑岡は「ゴルフで社会貢献にも参加していきたい」と述べた。

共同通信社 2017年12月7日 無断転載禁止

  • 47クラブ