ロ外相、米朝対話へ協力の用意 ティラーソン国務長官に

 7日、ウィーンでの会談に際し、握手するティラーソン米国務長官(左)とロシアのラブロフ外相(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相とティラーソン米国務長官は7日、欧州安保協力機構(OSCE)の閣僚理事会(外相会議)が開かれているウィーンで会談し、朝鮮半島情勢などを協議した。ラブロフ氏はティラーソン氏に、米国と北朝鮮の対話実現へ協力の用意があると伝えた。会談後、ロシアメディアに語った。

 ラブロフ氏は「北朝鮮が自国の安全の保証についてまず話し合いたいのは米国だ。ロシアは交渉実現に協力できる」と会談で述べたという。

共同通信社 2017年12月8日 無断転載禁止