シロイルカ 写真で親しんで アクアスで愛らしい姿150点

シロイルカの愛らしい姿などを伝える写真を見る来場者
 島根県の浜田市と江津市にまたがる水族館アクアスで、特別展「幸せをお届け!シロイルカ写真展」が開かれている。同館では現在、老朽化したプールの改修のため、シロイルカパフォーマンスは休止中で、来場者に、水族館の人気者に写真で親しんでもらおうと初めて企画。バブルリングを披露している様子など愛らしい姿をとらえた約150点が展示され、来場者に写真で魅力を伝えている。来年1月22日まで。

 シーリャ(雄、8歳)やミーリャ(雌、3歳)など飼育中の7頭の写真に、体の特徴や性格などのプロフィルを添えて紹介。1999年の飼育開始以来、プール内でバブルリングを見事に成功させたり、ボールを使って遊んだりしている愛きょうたっぷりの写真を展示している。

 飼育員とのトレーニングのやりとりをとらえた写真のほか、体調管理に向けた検査を受けている様子を撮影した映像もあり、飼育の裏側も公開。飼育員8人の一押しショットにはコメントが付いており、来場者はナンバーワンショットを決める投票も楽しめる。

 神戸市から夫婦で訪れた会社員の今西孝充さん(52)は「シロイルカの飼育されている様子やさまざまな表情などが見られて良かった」と満足そうに話した。

 シロイルカパフォーマンスは来年3月24日に再開する。

2017年12月8日 無断転載禁止