石見銀山 たんけん隊 <19時間目>

 250年以上続いた江戸(えど)時代も終わりを迎(むか)えるよ。明治維新(いしん)は石見(いわみ)銀山にとっても大きな節目(ふしめ)となったんだ。

    *      *    

明治維新(いしん)で長州藩(ちょうしゅうはん)が占領(せんりょう)

毛利元就が祭神の豊栄神社=大田市大森町
 先生 石見銀山は江戸時代の終わりには天領(てんりょう)ではなくなってしまうよ。

 さとる どういうこと?

 先生 江戸幕府(ばくふ)への政治批判(せいじひはん)の高まりから、周防国(すおうのくに)と長門国(ながとのくに)(ともに現在(げんざい)の山口県)を拠点(きょてん)とした長州藩(ちょうしゅうはん)が幕府軍を攻(せ)め込(こ)むのは知ってるかな?

 しおり うん。そこから大政奉還(たいせいほうかん)が行われ、明治政府が成立するのよね。

 さとる そのときに長州藩が銀山にも攻めて来たの?

瓦に刻まれている毛利家の家紋=大田市大森町
 先生 そう。1866(慶応(けいおう)2)年7月に大森代官所まで進軍してきたよ。

 さとる 代官は戦って抵抗(ていこう)しなかったの?

 先生 役人と一緒(いっしょ)に代官所を手放(てばな)して逃(に)げ出したんだ。

 しおり 代官所には役人を含(ふく)めても数十人だけだから勝ち目がないものね。

 さとる 確(たし)か長州藩主の先祖(せんぞ)は戦国時代に銀山を支配(しはい)した毛利元就(もうりもとなり)だよね。長州藩はゆかりのある銀山を占領(せんりょう)後どうしたの?

 先生 元就を祭神(さいじん)とする豊栄(とよさか)神社を整備(せいび)するんだ。でも、銀の採掘(さいくつ)にはあまり興味(きょうみ)を示(しめ)さなかったよ。

 しおり 産銀量が少ないから?

 先生 それが一番の理由だよ。ほかにも、銀山の経営(けいえい)が幕府の資金(しきん)に頼(たよ)りきりだったことも問題視(もんだいし)したんだ。

 さとる 長州藩は採掘量(さいくつりょう)が減少(げんしょう)している銀山に多くのお金をかけるのはもったいないと思ったんだね。

 しおり 明治時代に入ると銀山はどうなるの?

 先生 政府は佐渡(さど)(新潟(にいがた)県)や生野(いくの)(兵庫(ひょうご)県)などにある採掘量が見込まれる大きな金銀山は直接(ちょくせつ)経営をし、外国人の技術(ぎじゅつ)者を招(まね)いて西洋の先端(せんたん)技術の導入(どうにゅう)を推(お)し進めるよ。

 さとる 石見銀山はその対象(たいしょう)から外(はず)れるんだね。

 先生 残念ながらそうなんだ。明治時代前期は、地元の有力者らが細々と銀山の経営を続けていくようになるよ。

 しおり 石見銀山にとっても明治維新は激動(げきどう)の出来事だったのね。

=もっと知りたい= 豊栄(とよさか)神社ってどんなところ?

 江戸(えど)時代は長安寺(ちょうあんじ)というお寺だったよ。長州藩(ちょうしゅうはん)が毛利元就(もうりもとなり)の木像(もくぞう)が安置(あんち)されているのを発見し、1870(明治3)年、元就を祭神(さいじん)とする豊栄神社になるんだ。瓦(かわら)には毛利家の家紋(かもん)が刻(きざ)まれているよ。

・石見銀山資料館(しりょうかん)学芸員・藤原雄高(ふじはらゆたか)

2017年12月13日 無断転載禁止

こども新聞