新聞紙ツリーできた! 花や星 華やかに飾り付け

新聞紙を素材にしたクリスマスツリーに飾り付けをする園児
 島根県浜田市野原町の市世界こども美術館で開かれている企画展「新聞紙の変身展」に合わせた子ども向けのワークショップが13日、同市熱田町のれんげ保育園であった。園児と保護者計23人が、新聞紙を素材にしたクリスマスツリー作りに挑戦し、カラフルに絵を描くなどしてオリジナルのツリーを仕上げた。

 園児たちは、三角形に折り畳まれた新聞紙に、フェルトペンで花や星、アニメキャラクターなど思い思いに絵を描いた。形を三角すいに整え、ハート型に切り抜いた画用紙やシールを貼って華やかに飾り付けると、かわいらしいクリスマスツリーが出来上がった。

 他にも、新聞紙を車のハンドルに見立てて持ち、運転する動作をしたり、新聞紙を手で切り裂いたりして楽しんだ。

 参加した増和結生(ゆう)ちゃん(4)は「シールを貼るのが楽しかった。花が上手に描けたので、家に飾りたい」と満足そう。母親の麻希さん(35)は「新聞紙でクリスマスツリーができるとは思わなかった。家でも新聞を使った遊びをしてみたい」と話した。

 ワークショップは、新聞紙を使った気軽な遊びを広めようと、同美術館が市内の保育園や幼稚園計12園を対象に開催している。

 企画展は来年1月14日までで、造形作家4人の多彩な作品計113点を楽しむことができる。

2017年12月14日 無断転載禁止