子どもたち70人楽しく体動かす 3B体操で健康増進

ボールを使って体を動かす子どもたち
 独特の用具を使った3B体操を子どもたちに楽しんでもらう催しがこのほど、益田市高津2丁目の高津公民館であり、未就学児から中学生までの約70人が心地良い汗を流した。

 3B体操は、ボール、空気を詰めた8の字形のベル、大小の輪をつないだベルターの3種類の用具を使って健康増進を図る体操。催しは、日本3B体操協会島根西支部(水上芳枝支部長)が一般参加者を募って年1回開いている。

 子どもたちは、テンポの良い音楽に合わせ、用具を持って体をひねるなどしてウオーミングアップ。ベルを使ってボールを運ぶ競争に挑戦し、楽しく体を動かした。

 安田小学校4年の石田真優さん(9)は「鬼ごっこなど普段の遊びとは違う動きで楽しかった」と話した。

2017年12月15日 無断転載禁止