住民に「ありがとう」 高津小児童 見守りの高齢者らと交流

住民と焼き芋を食べる高津小の児童
 益田市高津1丁目の高津小学校でこのほど、児童が地域住民に感謝の気持ちを表す「ありがとう会」があった。1年生70人が、自分たちが手作りしたおもちゃでお年寄りと一緒に遊び、焼き芋を食べて交流した。

 1年生は5月、学校近くの畑で、地域のお年寄りとサツマイモの苗を植え、このほど収穫した。ありがとう会は、勉強や通学時にお世話になっている住民に秋の実りを味わってもらおうと、同校が初めて開いた。

 読み語りを行う老人クラブのメンバーや交通指導員ら19人が参加。児童たちは、紙コップや松ぼっくり、ドングリを使って作ったけん玉で一緒に遊び、親睦を深めた。

 また、熱々の焼き芋が出来上がると、児童たちは早速、口に運び、「甘くておいしい」と声を弾ませた。

2017年12月16日 無断転載禁止