サンタの贈り物に破顔 浜田の3校児童が恒例Xマス会

サンタクロースからケーキのプレゼントをもらう児童
 浜田市黒川町の石見公民館で16日、恒例のクリスマス会があり、管内の小学校3校の1~4年生49人が歌を歌ったり、ゲームを楽しんだりして触れ合った。

 児童は4グループに分かれ、空き缶を積み上げて高さを競うゲームや、じゃんけんでカードを集めて動物の図柄を完成させるゲームなどに挑戦し、歓声を上げた。職員扮(ふん)するサンタクロースからケーキのプレゼントを受け取ると、うれしそうな笑顔を見せた。

 日頃集まる機会の少ない3校の児童の交流を促そうと同館が毎年開き、30回目を迎えた。

 三階小3年の土井聖斗君(9)は「いろいろなゲームがあって楽しくできた。新しい友達もできて良かった」と満足そうだった。

2017年12月17日 無断転載禁止