女子ログ ブラックフライデー

 11月末の木曜日にアメリカでは感謝祭という休日があり、家族や親戚が集まってお祝いをする。その翌日はブラックフライデーと呼ばれ、全国で特大セールを行うのが通例で、深夜から買い物客が列を成し、開店と同時に目当ての商品を争奪する、日本で言う、お正月の初売りセールのようなにぎわいがある。

 人混みを分け入ってまで買い物をするのは好きではないが、去年、感謝祭後の週末に親戚の大量買いの手伝いに行ったところ、予定外の55型の最新テレビを半額以下で手に入れて味を占め、今年はセール用に20万円までならと予算を組んで洗濯機と乾燥機を目当てにセールに行った。

 去年ほど割引率はよくなかったものの、それぞれ2万円引きの5万円で購入し、さらにオーブン付き電磁調理器を4万円ちょっとで買い、家電まとめ買い特典で1万円の商品券までゲットした。

 親戚の子供たちも、貯金やお小遣いを握り、勇んでセールに行った。目指すはゲームの店で、どんなゲームを買うのか見ていたが、安くなった商品券を手に取っていた。

 聞くと、いま欲しいものはなく、来年発売のゲームを安く買うために商品券を買うとのこと。私もお小遣いやお年玉をもらっていた頃にその知恵があったら良かった。

 (松江市出身、米国フェニックス在住・サボテン)

2017年12月23日 無断転載禁止