島根後半失速 Bリーグ1部

【第25戦・島根-滋賀】第2クオーター1分40秒、島根のスタツがシュートを決め、26-21とする=松江市総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)で西地区5位の島根スサノオマジックは22日、ホームの松江市総合体育館で第25戦を行い、同3位の滋賀レイクスターズに90-78で敗れた。通算6勝19敗で、地区5位のまま。11勝14敗とした滋賀も変わらず3位。

 島根は第3クオーターにターンオーバーを重ね、流れを失った。先発出場の渡辺翔太が頭を打ち、第1クオーター序盤で退場した。

 23日の第26戦も同体育館で滋賀と対戦する。


 ◇第25戦(22日・松江市総合体育館、2052人)
滋  賀 90 21-18 78 島  根
11勝14敗  20-20   6勝19敗
        22-10
        27-30

要所でミス連発敗れる

 【評】島根は第3クオーターに攻撃のミスから崩れ、一気に突き放された。

 前半は38-41の接戦。粘り強く守りながら、速攻からのストーンのシュート、岡本、相馬、山本、熊谷の3点シュートなどで食らい付いた。

 だが、第3クオーターでプレッシャーの強まった相手の守備の前にパスなどのミスから7本のターンオーバーを重ね、48-63と突き放された。

 第4クオーターの岡本、後藤の3点シュート、ストーンのダンクシュートも、流れは変えられなかった。

2017年12月23日 無断転載禁止