聴衆包むハーモニー 16団体350人が練習成果披露

美しい歌声を響かせる「リトル☆スターズ」のメンバー
 歳末恒例の「第40回益田市民合唱祭チャリティーコンサート」(県合唱連盟益田支部主催)が23日、同市有明町の県芸術文化センター・グラントワであり、市内外から出演した16団体、約350人が美しいハーモニーを披露し、観客を楽しませた。

 節目の大会を迎え同支部は、出演者同士の一体感の醸成や参加意識を高めてもらう狙いで今回、各団体に運営への参加を呼び掛け、役員以外のメンバーもステージ設営やチラシの折り込み、受け付けなどの準備に取り組んだ。

 同市内の3小学校や津和野中学校、益田高校、津和野高校の合唱部や社会人の混声、女声合唱団が日頃の練習成果を発揮した。

 出演した小学生全員参加の約100人の合唱団「リトル☆スターズ」がトリを飾り、「わたしのなかには」「変わらないもの」の2曲を歌い上げた。

 最後に観客や出演者全員で、「きよしこの夜」を合同演奏して3時間の公演を締めくくり、会場は温かい雰囲気に包まれた。友達2人と訪れた益田市立高津中学校1年、伏谷雫音(しおん)さん(13)は「出演者の歌声がすごくきれいで楽しかった」と感想を話した。

 益田高合唱部の広瀬乃映部長(16)=2年=は「部員数が11人と少なく、先生方の力も借りて混声合唱を披露することができた。メンバーがなかなか集まらず練習に苦労したが、本番ではよい演奏ができた」とほほ笑んだ。

2017年12月24日 無断転載禁止