女子ログ 渡したいもの

 仕事終わり、晩ご飯は何にしようとスマホを見ていると、友人から電話があった。「渡したいものがあるけど、どこにおる?」。職場近くのコンビニで待ち合わせ、やって来た友人は「いつもお世話になり、ありがとう!」と車のトランクを開けて氷の袋を出している。はて、なんだ? 何が出てくるんだ?

 「これ、お歳暮だよ」。むんずとつかんで出したのは、立派な松葉ガニ! 今年初めて目にする旬のカニだ。しかも、コンビニ前でカニを渡されるのも、初めての経験だ。「ど、どうしたん?!」。聞くと、仕事が休みで、朝思い立って境港の市場に買いに行ってきたという。笑顔で袋に入れて渡されると、市場にいるような気分になった。

 家に帰ると主人が「仕事帰りに、どこで、どーやったらカニをもらうん?」と目を丸くしたが、「夕食はカニだ! 日本酒だ!」と喜んだ。

 山陰に住んでいると思わぬ海産物を頂くことがある。漁船の操業準備を行う2月に船のロープに生えていた1メートルを超えるずっしりと重いワカメをもらったこともあった。厚みがあり、湯がいてわさびじょうゆで食べるとそれだけでごちそうだ。それぞれの贈り物に手元に届くまでのストーリーがあって面白い。

 その夜は蒸したカニを2人で頬張りながら、上機嫌で海産物のお歳暮を思案するのだった。

    (出雲市・こいちゃん)

2017年12月27日 無断転載禁止