全国高校ラグビー 倉吉東初戦完敗

【1回戦・倉吉東-流通経大柏】前半23分、タックルで相手に食らい付く倉吉東のSH山名泰生(中央)=花園ラグビー場
 第97回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕して1回戦8試合が行われた。倉吉東は流通経大柏(千葉)に0-107で大敗。6大会ぶり11度目の出場で初勝利はならなかった。

 長崎南山が新潟工に29―5で快勝したほか、国学院栃木、日川(山梨)、鹿児島実、黒沢尻工(岩手)東海大静岡翔洋、報徳学園(兵庫)が2回戦に進んだ。

 開会式では山形南の伊藤大瑛主将が「ノーサイドの笛が鳴るまで諦めず、みんなの思いをボールに乗せ、最後まで戦い抜く」と宣誓。続いて、20分ハーフの女子の東西対抗戦「U18花園女子15人制」が行われ、西軍で石見智翠館から原わか花ら11人が出場。うち8人が先発だった。

 第2日は28日、1回戦の残り11試合がある。2連覇を狙う東福岡などシード校は30日の2回戦から登場し、決勝は来年1月8日に行われる。

 ▽1回戦
流経大  107 57-0 0 倉吉東
柏        50-0
(千葉)

流経大柏に17トライ許す

 【評】倉吉東は17トライを許す完敗。相手のサイズ、脚力、展開力に圧倒された。

 前半2分に敵陣左22メートルライン付近から相手につながれ、先制トライを許すと、その後も押され続け、前半9トライ、後半8トライを奪われた。

 後半15分、相手のノックオンで得た敵陣22メートルラインのスクラムはSH山名泰から展開した好機に、パスミスでボールを失った。

2017年12月28日 無断転載禁止

  • 47クラブ