水族館の裏側に 親子連れ興味津々 アクアスで見学ツアー

バックヤードで飼育されているウミガメを見る参加者
 浜田市と江津市にまたがる水族館アクアスで、飼育員が仕事をするバックヤードを職員が解説する「みんなの知らないアクアスツアー」が30日あり、参加した親子連れが、普段は見ることができない飼育の裏側を見学して楽しんだ。

 参加した親子連れは職員の案内で、元気のない魚を入れる予備水槽を見学し、熱帯魚や島根県近海の魚に見入った。

 サメやウミガメが入ったプールでは、大きな水槽で優雅に泳ぐ生き物を眺めた。25メートルプールの約5杯分の水が入っていることを聞くと驚きの声を上げた。

 愛知県豊田市から家族で訪れた幼稚園児、土居凜吾ちゃん(6)は「クラゲやサメの水槽で、泳ぐ姿を上から見ることができた」と満足そうに話した。

 ツアーは来年2月25日までの毎週土、日曜、祝日のほか、1月2、3の両日に開く。午前、午後の2度実施する。

2017年12月31日 無断転載禁止