しまねのものづくり補助事業 成果事例紹介

 2012年度の補正予算に盛り込まれ、国により事業化された「ものづくり補助金」。国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、革新的な設備投資やサービス開発・試作を行う中小企業の支援を目的にしており、島根県内では16年度までに計238社が採択された。それらの事業者のうち、島根県中小企業団体中央会(杉谷雅祥会長)が14、15年度に採択された100社の中から30社を選定し「しまねのものづくり補助事業成果事例集」としてとりまとめた。そこに記されている先進的な取り組み内容や成果、関係者の思いを紹介する。

(1月1日 新春合併号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2018年1月2日 無断転載禁止