島根新年 初戦黒星 Bリーグ1部

【第27戦・島根-琉球】第1クオーター、島根の波多野(中)がゴール下に切り込む=沖縄市体育館
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)で西地区5位の島根スサノオマジックは1日、アウェーの沖縄市体育館で第27戦を行い、首位の琉球ゴールデンキングスに71-85で敗れて通算7勝20敗となった。順位は5位のまま。

 島根はB1昇格後、琉球と3度目の対戦で初黒星。36-40で迎えた第3クオーターに攻守とも乱れ、一気に差が開いた。島根の熊谷宜之は体調不良のため欠場した。

 ◇第27戦(1日・沖縄市体育館、3595人)

琉  球85 16-15 71島 根
20勝7敗  24-21 7勝20敗
       27-12
       18-23

第3クオーター攻守乱れ

 【評】島根は第2クオーターまで僅差で食らい付いたが、第3クオーターに崩れた。

 第1クオーター終盤から追う展開が続く中、スコット、ストーンを中心とした攻撃で粘り、前半は36-40で折り返した。

 第3クオーターはスコットがダブルチームで止められ、攻撃のリズムが狂った。守備への切り替えも遅れ、開始3分で無得点、9失点。その後、リバウンドなどゴール下の攻防で競り負け、48-67とされ、大勢が決まった。

2018年1月3日 無断転載禁止

  • 47クラブ