米子北 攻撃不発 4強入りならず 全国高校サッカー

【準々決勝・米子北-前橋育英】後半25分、米子北のMF鍜治川友貴(左)らが中盤で競り合う=駒沢陸上競技場
 サッカーの第96回全国高校選手権第5日は5日、東京・駒沢陸上競技場などで準々決勝が行われ、米子北は前回準優勝の前橋育英(群馬)に0-3で完敗した。鳥取県勢初の4強入りはならなかった。

 ▽準々決勝
前橋育英 3 2-0 0 米子北
(群馬)   1-0

 圧力に押され後ずさり

 【評】米子北は3失点で完敗。相手の圧力に終始押され、ペースをつかめなかった。

 2失点の前半は、開始直後からパスをつながれて押され続け、シュートなし。21分にCKのこぼれ球を押し込まれ、27分には右サイドを崩された。

 後半は立ち上がりから攻勢に転じ、MF佐野を起点としたカウンターなどでFW葉間田、岡田らが攻め上がったが、相手の堅守を崩せず、シュート4本で無得点に終わった。

2018年1月6日 無断転載禁止

  • 47クラブ