生地丸めたりハートにしたり 講座で美郷住民がパン作り

講師の月森初美さん(右端)からパン作りを学ぶ受講生たち
 地域住民を対象にした生涯学習講座「チャレンジ教室」が24日、美郷町九日市の沢谷公民館で行われた。11人が講師の手ほどきを受けながら、ふわふわのパン作りを楽しんだ。

 講座は年10回で、同公民館が毎回内容を変えて開催している。今回は、手づくりパン研究普及会師範マイスターの月森初美さん(52)=大田市=を講師に招き、「アーモンドハートぱん」と「ハムロール」の2種類を教わった。

 参加者は、パンの生地を小分けして丸めたり、ハート形にしたりする作業を実践。月森さんから「手のひらを使って転がすように」などと助言を受け、真剣に取り組んでいた。

 アーモンドクリーム作りでは、ボウルの中に砂糖やバター、卵などを入れて混ぜ合わせた。発酵させた生地に載せてオーブンで焼き上げると、甘い香りのパンが出来上がった。

 同町九日市の渡辺静子さん(84)は「ふっくらしておいしそう。同居する娘に作り方を教えてあげたい」と話した。

2018年1月25日 無断転載禁止