UAEとの油田権益の協議難航 新たな経済協力要請される

 UAEのジャーベル国務相と握手する世耕経産相=1日午後、東京都千代田区

 日本がアラブ首長国連邦(UAE)に保有する海上油田の権益を巡り、安倍晋三首相や主要閣僚は1日、訪日中のUAEのジャーベル国務相兼アブダビ国営石油会社最高経営責任者(CEO)と会談した。日本政府が権益更新を要請したのに対し、ジャーベル氏は新たな経済協力を求めた。油田権益は3月が期限で、交渉は最終盤だが、協議は難航している。

 中国やインドなども新規参入を狙っており激しい争奪戦になっている。

 会談した世耕弘成経済産業相は「緊密な両国関係は石油産業を核に構築されてきた。これまで以上に力を注いで発展に努めたい」と述べた。

共同通信社 2018年2月1日 無断転載禁止