きらめく星 冬の大三角

冬の大三角=1月20日、大田市の三瓶山北の原で撮影(さつえい)
空で最もわかりやすい目印

 今の時季、空が暗くなったころの南の空にはオリオン座(ざ)が見えています。砂(すな)時計を立てたような形に並(なら)んだ星のうち、左上の星がベテルギウスです。そこから左下の方に目をやると、おおいぬ座のシリウスというたいへん明るい星があります。また、シリウスの左上にも明るい星があり、これがこいぬ座のプロキオンです。

 ベテルギウス、シリウス、プロキオンを線で結ぶときれいな三角形を作ることができます。これを「冬の大三角(だいさんかく)」と呼(よ)びます。

 冬の夜空には、これら三つの星以外にも明るい星がたくさんあります。そのうちどの三つを選んでも三角形は作れますが、この冬の大三角だけがとりわけ目を引きます。それは、ちょうど正三角形に並んでいること、すべての星座の中で一番明るいシリウスを含(ふく)んでいること、そして三角形の内側に特に目立つ星がないことが原因(げんいん)でしょう。四季を通じた空じゅうでも、最もわかりやすい星の目印の一つです。

 冬の大三角の星の色にも注目してください。かつて出雲(いずも)地方では、プロキオンが「色白(いろしろ)」、シリウスが「南の色白」と呼(よ)ばれていたという記録があるほどで、二つの星は似(に)たような白っぽい色をしています。それらに比(くら)べ、ベテルギウスは明らかに異(こと)なる赤っぽい色をしていて、三角形のアクセントになっています。

 ベテルギウスが違(ちが)っているのは見た目だけではありません。太陽の直径(ちょっけい)のおよそ1000倍も大きい特別な星で、やがて大爆発(ばくはつ)を起こして星の一生を終えることが分かっています。

 一方、シリウスとプロキオンは太陽の2倍程度(ていど)の平凡(へいぼん)な星です。しかし、光が500年かかって届(とど)く距離(きょり)にあるベテルギウスに比べ、光で10年前後という近いところにあるため明るく見えています。つまり、きれいに整った冬の大三角の形と明るさは、地球からの偶然(ぐうぜん)の眺(なが)めなのです。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)

2018年2月7日 無断転載禁止

こども新聞