スケート高木美帆はメダル届かず ジャンプ男子の葛西紀明21位

 女子3000メートル 滑走する高木美帆=江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第2日の10日は競技が本格化し、メダルが期待されたスピードスケート女子3000メートルで高木美帆(23)=日体大助手=は5位に終わり、メダルには届かなかった。オランダ勢がメダルを独占した。

 ノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒルは小林陵侑(21)=土屋ホーム=の7位が日本勢最高で、冬季五輪史上最多8度目出場の葛西紀明(45)=土屋ホーム=は21位だった。

 アイスホッケー女子の日本はスウェーデンに1―2で敗れ、黒星スタートとなった。

 ノルディックスキー女子距離複合は石田正子(37)=JR北海道=が14位だった。

共同通信社 2018年2月11日 無断転載禁止